043-261-4103
AccessJR「蘇我駅」東口より徒歩3分

月経のお悩み

月経のお悩みとは

月経のお悩みのイメージ写真

月経とは、思春期より始まり、多くの女性が閉経を迎えるとされる更年期まで続くとされる子宮から周期的に起こる生理的出血のことです。

通常であれば月経は、およそ25~38日の間隔で繰り返し、期間は3~7日、経血の量は20~140mLとされています。
ただ月経というのは初経から2~3年は周期などが安定せず、また子宮だけでなく卵巣や脳も月経の調節に関わる器官であるため、これらに異常があると周期が早い遅い、経血量が多い少ない、月経期間が長い短い、月経による痛みが激しいといった症状が出るようになります。
お一人で悩まず一度ご相談ください。患者様のどういった治療をしたいかという希望を聞きながら、方針を決めていきます。

よくみられる月経異常

月経不順

月経とは、思春期より始まり、多くの女性が閉経を迎えるとされる更年期まで続くとされる子宮から周期的に起こる生理的出血のことです。

通常であれば月経は、およそ25~38日の間隔で繰り返し、期間は3~7日、経血の量は20~140mLとされています。
ただ月経というのは初経から2~3年は周期などが安定せず、また子宮だけでなく卵巣や脳も月経の調節に関わる器官であるため、これらに異常があると周期が早い遅い、経血量が多い少ない、月経期間が長い短い、月経による痛みが激しいといった症状が出るようになります。
通常の月経とは明らかに違うと感じたら、速やかにご受診ください。

月経困難性

月経時に下腹部痛・腹痛など骨盤を中心とした耐え難い疼痛を主体とするものであり、就労をはじめとする社会生活を営むことが不可能なほど重症なものを言います。
原因としては2つに分類されます。

機能性月経困難症(原発性月経困難症)

  • 器質的疾患を認めないもの
  • 10代の終わり頃からみられ30歳以降は少なくなります。20歳~25歳がピークです。
  • したがって30歳以降の患者や分娩を経験したことのある患者様が月経困難症を訴えている場合はなんらかの器質的疾患があることを疑ったほうが良いと思います。
  • 内分泌失調説・自律神経失調説。子宮過度収縮説などがありますがはっきりしたことはわかっていません。
  • 下腹部痛のほかに、腰痛、胃痛、嘔吐、下痢、発熱なのど症状を併発することもあります。

器質的月経困難症(続発性月経困難症)

子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、子宮頸管狭窄、子宮発育不全、骨盤内炎症などによる骨盤内うっ血によるものなどがあります。

治療

治療として、ピルや鎮痛剤、漢方薬などがあります。ご本人と相談しながら決めていきます。また、器質的疾患のある場合はその治療をする事もあります。

月経前緊張症(PMS)

月経が始まる1~2週間ほど前から不調が起きるようになり、イライラ、頭痛、腹痛、倦怠感が強いなどの症状が現れるようになります。
そのほか、むくみや乳房の痛み、腰痛、食欲不振、抑うつなど、人により様々な症状が見られます。
なお、精神症状の方が強く出る場合は、月経前不快気分障害と診断されます。
症状でお悩みの方は一度ご相談ください。

野井レディースクリニック
電話 043-261-4103
住所 千葉県千葉市中央区南町2-14-14
最寄り駅 JR「蘇我駅」東口より徒歩3分
科目 婦人科、レディースクリニック
休診日:水曜・日曜・祝日
診療時間 日祝
10:00~13:00
15:00~18:00
PAGE TOP