043-261-4103
AccessJR「蘇我駅」東口より徒歩3分

婦人科がん検診

女性特有のがんの検診を行います

女性特有がんのイメージ写真

当院では女性特有のがんとして知られる、子宮がん、卵巣がんの検診を行っています。
どちらも早期に発見し、早期に治療することができれば、治癒率はそれだけ高まります。
婦人科では、これらのがんの定期健診を行っていますので、しっかり受けて早期に発見されるようにしてください。

子宮がんについて

子宮は上部3分の2にあたる子宮体部と下部3分の1にあたる子宮頸部に分類され、これら部位にできるがんを総称して子宮がんと呼びます。
なお、子宮は女性生殖器の中では、一番がんが発症しやすい器官でもあります。

子宮頸がんとは

主に子宮頸管から膣部にかけて発生するがんで、子宮の入り口付近に見られることが多いことから、発見しやすいがんとしても知られています。
なお、早期に発見して治療を行えば、ほぼ完治するとも言われています。

発生する要因には、ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が関連していることが少なくありません。
なおHPVは性交渉で感染するウイルスですが、子宮頸がんの患者様の実に90%以上の方にこのHPVが検出されています。

初期症状というのは、ほとんどありませんが、性交時にわずかに出血が見られることがあります。
好発年齢は30~40歳代の女性と言われていますが、20代の女性が発症することも珍しくはありません。
子宮頸がん検診は20歳から定期的に実施する自治体も多いので、積極的にご活用ください。

子宮頸がん検診について

子宮頸がん検診では、問診と内診(子宮の形、大きさ、位置、表面の状態、炎症の有無などを確認)を行った後に細胞診を行います。
これは、やわらかいヘラやブラシのようなものを腟に挿入し、子宮頸部の粘膜を軽くなでるようにしながら組織を採取(PAPテスト:子宮頸部の細胞を擦りとって行う顕微鏡検査)します。
少量の出血を見ることが稀にありますが、痛みはほぼありません。
結果については、細胞診と併せて、一週間ほど要します。

子宮体がんとは

子宮の上部3分の2の範囲を子宮体部と言いますが、その部位(子宮内膜)に発生するがんが子宮体がんです。
子宮頸がんに比べると発症する年齢層は高く、閉経後の女性、とくに50~60代の女性によく見受けられます。
閉経後あるいは更年期の方で不正出血が見られた場合は、とくに注意が必要です。

なお、若い女性(40歳未満)であっても、肥満や高血圧、糖尿病を罹患している方、出産経験のない方、月経が不順な方、乳がんを患ったことがある方などは気をつけるようにしてください。

子宮体がん検診について

当院で行う子宮体がん検診は、子宮内膜細胞診です。これは、子宮の内部に細い棒状の器具を直接挿入して細胞を採取する検査になります。

細胞診の結果、疑わしい箇所(疑陽性もしくは陽性)があった場合は、精密検査として組織診が行われます。
この場合はキューレットという医療器具を子宮の奥に入れて内膜組織をかき取り、がんであるかどうかを顕微鏡で調べます。
検査結果については一週間ほどでわかります。

卵巣がんとは

卵巣に発生する悪性腫瘍が卵巣がんです。このがんには、もともと卵巣で発生する原発性のものと、他の臓器のがんが転移して発生する転移性の2つのタイプがあります。
なお発症の原因は解明されておりませんが、家族に卵巣がん患者がいる、出産経験がない、子宮内膜症を発症したといった方などによく見られると言われています。

特徴ですが、初期の頃は自覚症状がほとんど現れないので発見するのは非常に困難です。
そのため、症状がある程度進行してから現れる腹部の膨満感、下腹部の痛みや圧迫感、下腹部にかたいものが触れたことなどで気づくことが多いようです。
年齢的には50歳前後が最も多く、次に80歳前後の世代が多いのですが、20~30代の女性でも卵巣がんに罹ることがあります。
気づきにくい病気ですので、定期的に検診を受けるようにしてください。

卵巣がん検診について

内診と経膣超音波検査、または腹部超音波検査(腹部エコー)を行います。
超音波により、腫瘤の存在が認められると、良性か悪性かを区別する目的で、腫瘍マーカー検査(採血検査)を行います。
また、CTやMRIが必要になる場合は連携施設へ紹介する事になります。

野井レディースクリニック
電話 043-261-4103
住所 千葉県千葉市中央区南町2-14-14
最寄り駅 JR「蘇我駅」東口より徒歩3分
科目 婦人科、レディースクリニック
休診日:水曜・日曜・祝日
診療時間 日祝
10:00~13:00
15:00~18:00
PAGE TOP